Netappの7modeからcDOTにsnapmirror転送をかけてみた

Netappでsnapmirror転送をかける時。
7modeではsnapmirror.accessで許可設定が必要で、
cDOTではクラスタピア関係を結ぶ必要があるわけです。

じゃあ7modeからcDOTはどうするのかといった所を調べつつ転送してみたので記載。

こちらのマニュアル参考に進めました。

ONTAP(8.1.3P1 7-Mode)から、同じLAN上に存在するcDOT(9.1)への移行するといった形。
移行元も移行先も元々snapmirrorに使っていたのでlifやらなんやらの設定は出来ていた状況から始まってます。

::> network ping -node dst_node -destination 192.168.100.100

そんな訳でいきなりping打って疎通確認。192.168.100.100が転送元NetappのIPですね。

::> volume create -vserver dst_svm -volume dst_vol -aggregate aggr1 -size 1TB -type DP

ボリューム作成はいつも通り。

::> vserver peer transition create -local-vserver dst_svm -src-filer-name 192.168.100.100

そしてここ、クラスタピアではなく、移行ピア関係の作成。こんなのがあったのか。

マニュアルに載ってるオプションを2つほど省略してしまっていますが。
-multi-path-address は移行元が複数のIPを持っている場合なのかな。よくわからず。
lifはいくつも作っている訳ではないのでさっくり省略。

::> snapmirror create -source-path 192.168.100.100:src_vol -destination-path dst_svm:dst_vol -type TDP

移行ピア関係が結べたら、snapmirror関係作成。
7modeからの移行をする際にはtypeをTDPにする必要があるとのことで注意。

::> snapmirror initialize -destination-path dst_svm:dst_vol

後は普通に初期転送実施すれば転送完了。
わーい、思ってたより遥かに簡単。

::> snapmirror modify -destination-path dst_svm:dst_vol -schedule daily

スケジュール設定も行けるっぽいので安心。

ただ、GUIで 保護->関係 で表示される一覧にsnapmirror関係が表示されてないのが気になる所であります。
::> snapmirror show だと確認できるので問題ないっちゃ無いのですが。

コメントを残す