古戦場結果_201705

みんな大好き闇属性が有利な古戦場でした。未完成とは言えハデスマンの端くれとして頑張りました。

そんな訳で今回の結果はこんな感じ。今回はちゃんと時速を計りつつ慢心したので爆死は回避。

編成はこんな感じ。開幕コンジャクションを使いつつも生存性を重視したかったのでディア弓入り。2T後に特殊技が振ってきても普通に耐えられる、いい感じの耐久になりました。
仲間の方は、ナルメア、ゾーイ、ヴィーラ、フォルテ、カタリナ。75%ラインのDATAダウンが致命的なのでヴィーラのマウントが大変お役立ち。スタメンが落ちた後に出て来るフォルテも、HPが全快でもサポアビ効果で多少は火力出せるのが良い感じでした。カタリナさんは、うん、ヴィーラのブースターで。

次は光有利。シュバ剣2本しか無いんですよねえ。どうなるやら。

Netappの7modeからcDOTにsnapmirror転送をかけてみた

Netappでsnapmirror転送をかける時。
7modeではsnapmirror.accessで許可設定が必要で、
cDOTではクラスタピア関係を結ぶ必要があるわけです。

じゃあ7modeからcDOTはどうするのかといった所を調べつつ転送してみたので記載。

こちらのマニュアル参考に進めました。

ONTAP(8.1.3P1 7-Mode)から、同じLAN上に存在するcDOT(9.1)への移行するといった形。
移行元も移行先も元々snapmirrorに使っていたのでlifやらなんやらの設定は出来ていた状況から始まってます。

::> network ping -node dst_node -destination 192.168.100.100

そんな訳でいきなりping打って疎通確認。192.168.100.100が転送元NetappのIPですね。

::> volume create -vserver dst_svm -volume dst_vol -aggregate aggr1 -size 1TB -type DP

ボリューム作成はいつも通り。

::> vserver peer transition create -local-vserver dst_svm -src-filer-name 192.168.100.100

そしてここ、クラスタピアではなく、移行ピア関係の作成。こんなのがあったのか。

マニュアルに載ってるオプションを2つほど省略してしまっていますが。
-multi-path-address は移行元が複数のIPを持っている場合なのかな。よくわからず。
lifはいくつも作っている訳ではないのでさっくり省略。

::> snapmirror create -source-path 192.168.100.100:src_vol -destination-path dst_svm:dst_vol -type TDP

移行ピア関係が結べたら、snapmirror関係作成。
7modeからの移行をする際にはtypeをTDPにする必要があるとのことで注意。

::> snapmirror initialize -destination-path dst_svm:dst_vol

後は普通に初期転送実施すれば転送完了。
わーい、思ってたより遥かに簡単。

::> snapmirror modify -destination-path dst_svm:dst_vol -schedule daily

スケジュール設定も行けるっぽいので安心。

ただ、GUIで 保護->関係 で表示される一覧にsnapmirror関係が表示されてないのが気になる所であります。
::> snapmirror show だと確認できるので問題ないっちゃ無いのですが。

古戦場結果_201704

水有利古戦場でした。覚醒まで持っていった九界琴を持ってることもあり、割りと苦手意識のない属性。
リミカタとカトルくんがいないのはちと不利ですけど、マウントはアルルメイヤが、火力枠はシルヴァさんがいますしね。

そうやって慢心した結果がこれだよ!!!!!

うー、あと1戦か2戦やってれば20000位だったのに……
ラスト30分で慢心したのがマズかった。ランキングの更新タイミングも考慮して見ないとダメですね。

今回の戦力はこんな感じでした。
メンバーはアルタイル、アルルメイヤ、シルヴァ、ランスロット、ソシエ。
ソシエはアルタイルが落ちてデバフ消えてしまった場合に備えての保険。90HELLではちょいちょいお世話になりました。

次は闇有利。
ハデス持ちとしては多少でも楽に回せると良いなあ。

ケルベロス討滅戦

銃だ、銃をよこすのだ……私のハデス編成のために……

そんな訳でケルベロス&フェンリル討滅戦です。
例によって攻略パターン忘れて本汁飲む羽目になりましたので攻略パターン記録しておきたい所。
フェンリルは25%ごとの特殊技さえ覚えておけばアルルメイヤとジャスミンでどうとでもなるのですが、ケルベロスはね……
まあケル銃揃えば卒業なんですけども。卒業したい……

120HELLケルベロスの注意すべき点は以下。

  • ココ、ミミのどちらかを倒した次の行動は”パワーダウン”を使用
  • HP50%で特殊行動を使用し弱体を全て回復
  • 特殊技、OD技共にランダム多段攻撃でエグい威力

パワーダウンはこちらの攻撃力を下げてくるかと思いきや、ケル子自身がパワーダウンするボーナス行動。
チャージターンが1つ減るそうですが、短期決戦に持ち込める火力があればあまり気にならないところ。
ゲージが溜まりきった状態でもココミミを落とせばパワーダウン誘発できて1ターン稼げるので、無駄な所では落としたくないです。
そんな訳で、ブラックヘイズ、アローレインを始めとした全体攻撃技は封印。

ケル子側の攻撃は50%の特殊技が大変厄介。素受けしたら普通に4人落ちる火力。
カーバンクルで防ごうにも、トライアドダムネーション(闇)とラヴァダムネーション(火)の二種類を持っているので面倒。そもそもリキャストが間に合わないです。
しかしランダム多段攻撃なので、かばうで防げます。

以上を考慮し、編成は以下。

HP50%にゲージ技を合わせたいので、スロウ&グラビのダクフェが楽。カオルはカオルでアンプレディクトで火傷とか引いたら困るので素のダクフェで。現在の戦力は割りと余裕があったので、EX枠はトレハンを搭載。
ここで間違ってヘイズ搭載したウォロとか連れてくと大惨事。

お仲間は安定のディープ枠ジャンヌ、かばう回避が輝くシロウくん。あと一枠は自由枠な感じなのでジュリエット入れてます。サブはレベル上げ枠とエッセルさん。
シロウくんはかばう回避の上にアロレ持ち込めないこの戦場で、単体攻撃攻デバフなんてピンポイントなアビを持っているという、この討滅戦用に誂えたようなマッチぶり。

そして戦闘は以下でパターン化。

  1. ミスト、グラビ、トレハン、ジャンヌ123、ジュリエット1、シロウ1を使用
  2. ディレイを使用
  3. トレハンを使用
  4. なぐる
  5. トレハンを使用しココをなぐる
  6. HPが60%を切っていたらルシフェル召喚、ジャンヌ2、シロウ23を使用しフルチェイン。切っていないor奥義ゲージ溜まってなかったらディレイを使用しなぐる。
  7. (前ターンでフルチェしていなければ、トレハン、ルシフェル召喚、ジャンヌ2、ジュリエット1、シロウ23を使用しフルチェイン)
  8. ミスト、ジャンヌ1、シロウ1を使用し、後はトレハン使いつつ流れでお願いします

こんな感じで。6T目にHPの減りが早いのに無理してディレイを使うとかしない限りは事故もほぼほぼ無いので、脳死で回せて楽といえば楽。

さあて金曜まで回すぞー……あと1本落ちれば完成なんだー……

丹波亀山城イベ_絶壱難

明智光秀の苦労人や忠義の人としての側面が再評価される昨今、まさか丹波亀山城がここまで積極的な謀反人ぽく描かれるとは思っておりませんでした。丹波亀山城イベでございます。

今回頑張ってくださるのはこちらの方々。有岡城と尾山御坊は育成枠。比較的楽だったので、大和郡山城も育成兼札枠として普通に運用できました。
他のご歴々がレアリティの暴力だからね仕方ないね。

1W。彦根城、万里の長城、大和郡山城、多賀城と順に並べていきます。
巨大化は彦根城、万里の長城、多賀城の順。特にやることもなく。順次巨大化していくだけのお気楽ウェーブ。
左下の蔵が不安になりますが、1Wはガンスルーしてくれるのでカバー役は誰も置かなくてOK。蔵の隣の青マスに遠距離置くと象さんの攻撃を受けてしまうので、1Wは我慢。

2W。まずは上部にトークンを設置。これを置いておかないと象の攻撃が万里の長城横の蔵に届いて八割がた体力持っていかれる恐怖。
多賀城の巨大化が済んだら、左下の蔵の横に聚楽第を配置。最大まで巨大化を進めていきます。
しかし象の攻撃って範囲だったと思うんですけど、なんでここにトークン置くと回避できるのか不思議。攻撃タイミングがズレるとかそんな感じなんですかね。

聚楽第、大和郡山城と巨大化が終わったら、右下に盛岡城を設置。デコイ&足止め役。流石にゴリゴリ体力削られるのでどんどん巨大化。

後は多聞山城が出てきても特に何をするでもなく削りきれます。お疲れ様でした。

古戦場結果_201703

そんな訳で火有利古戦場でした。
最終日が休日だったのでノリで走り始めたのですが、ボーダー推移がなかなかの速度だったらしくて地獄を見ました。
誇張抜きで一日中張り付いてたんですけど……

まあ勲章100個回収できたので無問題。うち5000万ptぐらいは最終日で稼いでいたのは頭おかしい。Lv100HELL出てから走るのが効率いいのはわかるのですけど。精神衛生上よろしくありませんでした。救援メインの立ち回りになるので戦貨も集まりづらいですし。

装備はこんな感じ。メンバーはユエル、マギサ、パーシヴァル、ラカム、メーテラ。
ミカエル剣の育成が間に合っておらず、SLvも上がりきってない惨状ですがなんとかなるものですね。

次回古戦場は水有利、その次は闇有利だとか。
十天衆の最終上限解放を考えるとヒヒイロは一個でも多く欲しい所ですし、頑張らないとなあと。

NetAppで snapmirror initialize に失敗した話

NetappのONTAP9.1上でsnapmirrorしようとした時に変な所で詰まったので忘備。

volume create -volume dst -aggregate aggr1 -size 1TB -type DP
snapmirror create -source-path sourceSVM:src -destination-path destinationSVM:dst -type DP -policy DPDefault
snapmirror initialize -destination-path destinationSVM:dst

snapmirrorしようとする時はだいたいこんな感じ。対向は既に用意できている前提で。
特にエラーもなく初期転送開始まで出来たので油断していたら、後ほど進捗を確認した際に問題が発覚。
なんかエラーのステータス出て転送止まっとるやん。

転送開始までは上手く出来ていたので、転送中にどこかで躓いて転送中断させられたんじゃと思ってネットワークの状況とか延々確認してたんですね。
通信状況に問題ないこと確認して再度初期転送かけても同じ状況。どこで詰まっとるんじゃ。

うんうん唸りながらふとGUIから転送状況見に行ったら以下のエラーメッセージが出ていました。

Relationships not supported between volumes with different languages: the language of source volume is "C.UTF-8" and the language of destination volume is "ja_JP.PCK_v2.UTF-8".

文字コードが違っとるじゃないか!!!

volume create -volume dst -aggregate aggr1 -size 1TB -type DP -language C.UTF-8

文字コードを指定した状態でボリュームを作り直して無事転送できました。

教訓:エラーメッセージは確認しよう。
CLIで操作しててもログ見れば残ってたかもですね……まずはそこを見るべきだと色々な所で躓く度に反省するのですが、なかなか身につかず。
というか、対向との設定の食い違いが合っても、snapmirrot createの時点では判断してくれないのだなあ。

ちなみに文字コード指定のコマンドを確認したのは以下のサイト。
ONTAP 9 ドキュメント センター

便利ですよね、ここ。
以前はPDFのマニュアルと首っ引きだった事考えるとONTAP8のオペレーションに戻りたくなくなるレベルだったりします。

村尾城イベ_絶壱難

そんな訳で絶壱難です。前回の絶弐難は無理だったんだよ……

今回参加される皆さんはこちら。相変わらずレア度の暴力で殴ってる感じのところ、龍王山城が一服の清涼剤。
序盤のラッシュが厳しいので、手広く並べられるよう山城中心。山城なら信貴山城とか使いたかったんですけどね……コスト重いんですよね……

彦根城、多賀城、吉田郡山城、聚楽第、フランケンシュタイン城、菩提山城、龍王山城、招き猫とサクサク並べていきます。
とにかく巨大化するまでに行列してる熊と、左右でスタンバってるメタグロスを捌けるかが全て。熊は多賀城と吉田郡山城の集中砲火で誤魔化す感じ。メタグロスは櫓の上から術でどーん。
左右は札なら誰でも良い感ありますが、中央は火力が求められる枠。本当は弓の吉田郡山城よりも弩の娘辺りを置いた方が良いんでしょうけど、育ってないんだよ…!

巨大化は彦根城、聚楽第の順。せっかく序盤から大勢並べているので彦根城の特技をフル活用したい気持ち。
メタグロス対策の札2人は無凸でも問題なし。倒せたら、さくっと撤退して気力の足しに。ほっとくと戦車に集中砲火喰らって落ちます。

2wave目開始時点でこんな感じ。ここまで来たら後はもう安定感。
右下のフランケンシュタイン城は放置してると普通に削り落とされるので、適度に巨大化で回復しつつ多賀城巨大化。
三本松城が右下に出てきた辺りで菩提山城再出撃すると、だいたい巨大化が間に合う感じ。

終盤。さすがに三本松城の攻撃は痛いので、適当な所でデコイ設置しないと菩提山城が落ちます。画像は置いた瞬間に溶けた塔の巨人……
どうせ一枠は育成枠なので、赤マスにデコイ設置できる誰かを入れても良かったかもなあと今思いつきました。
下から来る象も地味に面倒くさいのですが、多賀城が育っているのでだいたい押し切れました。ここも本来ならデコイ置くなり前衛置くなりすれば良いんだろうなあと。

そんなこんなでクリア画像を撮り忘れましたがお疲れ様でした。
しかしドロップ形式のイベで絶壱があると稼ぎが捗って良いですね。☆4の改築進めなきゃ……

lsyncの除外設定で詰まった話

lsyncを使ってファイルの同期を仕組む事などがあるわけですが、同期対象から除外する設定で詰まったので記録記録。

sync {
  sync_web,
  sourse="/hoge/fuga/",
  target="user@hostname:/piyo/fuga/",
}

/etc/lsyncd.confの一部抜粋。
lsyncで同期設定する時はこんな感じでやっています。共通設定は別途書き出して呼び出す感じで。この場合はsync_web。

sync {
  sync_web,
  sourse="/hoge/fuga/",
  target="user@hostname:/piyo/fuga/",
  exclude="/foo/",
}

除外設定をする時はこう。excludeで除外対象のディレクトリを指定する。

で、今回、除外対象を増やそうと思って書いたのが以下。

sync {
  sync_web,
  sourse="/hoge/fuga/",
  target="user@hostname:/piyo/fuga/",
  exclude="/foo/",
  exclude="/bar/",
}

excludeを一行追記しているのですが、除外されない!!なんで!!
サービスは普通に起動するので構文ミスとかでもなく。
厳密には/bar/ディレクトリ以下は除外されるのですが、/foo/ディレクトリが普通に同期されてしまう感じ。

マニュアルの該当ページ を参照すると、複数対象は括って書かれている感じ。ふむふむ。

sync {
  sync_web,
  sourse="/hoge/fuga/",
  target="user@hostname:/piyo/fuga/",
  exclude={"/foo/", "/bar/"},
}

真似した書いてこんな感じにしたら、無事2つのディレクトリが除外されました。

そもそもlsync.confはスクリプト言語で書かれている事を思い返せば、これ内部的には単に変数上書きしてるようなものなんじゃないかというオチ。
そりゃ反映されんわ。